みずほ銀行カードローンは審査時間と結果通知が遅く、返済額が高いという口コミは本当?

みずほ銀行といえば、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行に続く三大メガバンクの一つです。
今回は、そんなメガバンクであるみずほ銀行のカードローンについて解説します。

 

みずほ銀行カードローンは、メガバンクのカードローンではありますが、その審査や返済についてはどうなっているのでしょうか。

 

みずほ銀行カードローンの審査時間や審査難易度、返済額まで解説しますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

お金を借りるなら、事前にそのカードローンについて予習しておくことが大切です。
みずほ銀行カードローンを利用してお金を借りる前に、審査と返済について知っておきましょう。

 

みずほ銀行カードローンの審査時間

さて、まずはみずほ銀行カードローンの申し込みをしたときに、お金を借りるまでにかかる時間はどのくらいなのでしょうか。

 

みずほ銀行カードローンは審査スピードが遅いという口コミもあります。

 

お金を借りるときって、急いでいる人もいますから、できるだけ早く審査が完了するのが望ましいですよね。
最近の銀行カードローンは、申込みをした当日にお金を借りれる場合もありますが、みずほ銀行カードローンはどうなのでしょうか。

 

結論から言えば、みずほ銀行カードローンの審査時間は最短即日です。

 

店頭申込み:最短即日回答
郵送申込み:原則、申込書到着日当日か、翌営業日回答
電話申込み:原則、2〜3営業日
インターネット申込み:原則、即日回答で、最短なら即日融資

 

↑のように、みずほ銀行カードローンの審査時間は最短なら即日融資が可能です。
なので、公式ホームページによれば、審査時間と結果の通知は、それなりに早いかと思います。

 

ちなみに、みずほ銀行カードローンの即日融資を狙う場合は、みずほ銀行の口座が必要です。
みずほ銀行のキャッシュカードにカードローンの機能を加えることで、融資を受けることができます。

 

ただし、みずほ銀行カードローンの場合、カードを使ってお金を引き出すことで借りることはできますが、振込融資については受け付けていません。

 

なので、お金をカードでおろすのが面倒なので、振込をして欲しいという人は、振込融資ができるカードローンを利用するのがおすすめです。

 

当サイトのトップページでは、振込融資ができるカードローンを紹介していますので、こちらももし良ければ参考にしてみてください。

 

ちなみに、みずほ銀行カードローンの審査時間、審査結果について直接問い合わせてみたところ、

 

みずほ銀行カードローンの審査時間は、公式ホームページでは最短即日融資とありますが、審査の込み具合によって、審査時間や審査の結果通知は、翌営業日、翌々営業日以降になってしまうことも多いようです。

 

このような事実を考慮した上で、みずほ銀行カードローンの申し込みをするのが良いと思います。

 

みずほ銀行カードローンの審査基準は甘いのか、それとも厳しいのか

みずほ銀行カードローンを利用する際に、その審査は甘いのか、厳しいのか、審査基準を気にしている人もいるかと思います。

 

果たして、みずほ銀行カードローンの審査基準はどのようなものになっているのでしょうか。

 

結論から言えば、みずほ銀行カードローンの審査は甘いということはないし、厳しいということもありません。

 

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行独自の審査基準が設けられており、その基準を満たす人しかお金を借りることはできません。

 

したがって、審査が甘い、厳しいではなく、あくまで基準を満たすか満たさないかがポイントとなります。

 

ただ、相対的にみずほ銀行カードローンの審査がどうなのかというと、みずほ銀行カードローンは低金利の銀行カードローンですので、他のみずほ銀行カードローンよりも金利が高いカードローンと比較すれば、その審査は厳しいものになると考えてもよいかと思います。

 

なので、低金利の銀行カードローンの審査は厳しそうだから、他のカードローンがいいかも……という人は、消費者金融のカードローンを利用してみるのも良いでしょう。

 

みずほ銀行カードローンの返済額は?

みずほ銀行カードローンを利用するのなら、やっぱり、気になるのは返済です。

 

お金を借りるからには、返済のことまできちんと考えておかないと、後で返済を滞納してしまったり、高い返済額に辛くなってしまったりする危険性がありますよね。

 

では、毎月のみずほ銀行カードローンの返済額はどのくらいなのでしょうか。

 

みずほ銀行カードローンの返済額は、毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)の時点で残っている利用残高に応じて、翌月の返済額が決まります。

 

みずほ銀行カードローンの返済額は、

 

1、2012年の7月31日以降に契約または変更し、利用限度額が200万円以上の場合
2、1に該当しない場合

 

この2つによって、返済額が異なっておりますが、最低返済額についてはどちらの場合も、1万円です。

 

実は、みずほ銀行カードローンの最低返済額が1万円というのは、他のカードローンと比較してかなり高いです。

 

たとえば、当サイトでおすすめしているプロミスの最低返済額は2000円とかなり低めです。

 

借入残高が5万円でも、プロミスならば月々2000円の返済で済むので、自分のペースで安心してお金を借りたいのであれば、プロミスに頼ってみるのも手かもしれませんね。

 

プロミスは最短1時間の融資も可能であり、カード以外でも振込融資で借りることもできます。
なので、みずほ銀行カードローンよりは金利は高めではありますが、借り方や月々の返済額にこだわる場合は、プロミスは非常に使い勝手が良いキャッシング業者と言えるでしょう。

 

また、プロミスの場合、銀行カードローンにはない無利息キャッシングサービスもあり、こちらを利用すれば、最大30日間無利子でお金を借りることもできるんですよね。

 

もし、お金を借りても早めに返してしまえるのならば、無利息キャッシングのあるカードローンを利用した方が、銀行カードローンよりもお得にキャッシングすることも可能です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

みずほ銀行カードローンは金利が低く、利便性の高い銀行カードローンではありますが、それぞれの用途に応じて借入先を決めるのが、お得なキャッシングの秘訣ですよ。